deRienのパン作り



フランスの伝統的な製法。
前日の残り生地から起こしたルヴァン種を使って、
粉と塩と水のみのシンプルな素材でこね上げ、薪の石窯で焼く製法です。

徐々に温度の下がっていく石窯でじっくりと時間をかけて焼く事により、
皮が焼き込まれ、中の水分は閉じ込められ、香りが良く、日持ちの良い、
ヨーロッパの農村部で食べられ続けてきた、
Pain de campagne/パン・ド・カンパーニュが焼き上がります。